post icon

第14回「七人展」

2010/1/8~2010/1/19

第14回目の「七人展」となります。
風景写真、報道写真、舞台写真、水中写真、散歩写真とジャンルの異なる写真仲間が集まり、年に1回開催致しております。

今年は、まさに「平成維新」、政権交代の年でした。
・・・その世相が、作品に投影されているかも知れません。

室田さんは従来からの撮影方法に飽き足らず、工夫改善に余念がありません。今回は、風景写真に図案的な手法を取り入れ、紅葉の「彩り」で秋を表現しています。
小野原さんは地元千葉に密着し、名所旧跡の撮影にいそしみました。イルミネーションには、心魅かれて良くレンズを向けられるようです。また、得意の折紙で国内外のボランティア活動も続けておられます。

石崎さんは、今年、築地の市場を離れました。写真以外にも、趣味の油絵に傾注され、数多くの作品を手掛けられました。尚、海外旅行にご同行される奥様も作品を寄せられています。
佐藤さんは年末から撮影に入り、開催直前まで活動しながら、展示作品を纏められました。山岳写真のスペシャリストです。
石橋さんは山梨県河口湖、沖縄本島、そして山形県庄内へ水中写真を撮りに行きました。数年掛け、ようやく富士山と花火をモチーフにした作品の撮影に成功したようです。
  
大竹さんは無外流居合で鍛えた眼力で、バレリーナの舞を斬り撮ります。緩やかで、時には飛翔するその感性を捉えました。
山本さんは「年々歳々 歳々年々」、十年一日の如く、都内をLeica片手に写真散歩しています。
  
じっくりと作品を堪能して頂き、作者の感性をくみ取って頂ければと思っております。
「七人展」のご感想、作者へのメッセージなど、ご記帳と併せて記載して頂ければと思います。何卒よろしくお願い致します。
おたがいに、いつまでも写真を撮りましょう。

「七人展」会員一同

Copyright (c) YAMAWAKI ART COLLEGE. All Rights Reserved.